『バレーボールナビ』サーブ・サーブレシーブの極意

下半身の動き(右利きの場合)

安定したトスを上げ確実性のあるサーブを打つ為には、下半身の動きのマスターが重要です。
下記図1のように、トスを上げる前の状態では、自分の体重を右足にかけ、トスを上げると同時に、右足にかけた体重を徐々に左足へと移動させる事がひとつのポイントです。
ボールコンタクト時には、全体重が左足(軸足/サーブの方向)にかかっている状態になっているかどうかを最終的にチェックしてください。

 

 

 

また、これらの体重移動(右から左)は重心の動きと協調してくるので、スムーズな動きが身に付くよう、動き(体重移動/右→左)をマスターしてください。
(図2)

 

 

 

続いて、重心の動きです。図2のように重心はライナー/直線的な動きになるよう注意しましょう。
この重心の動きが、下図3のように上下動が伴うようになると、自然に視線も不安定になり、安定したコンタクトができません。
(図3)

 

 

 

アンダーハンドサーブ、フローターサーブ、ジャンプサーブといった色々なサーブがありますが、基本的には動きのマスターが第一であり、特に体重のかけかた(体重移動)と重心の動きに注意してみてください。